聴診器

糖尿病に最適な治療法|病気を治して快適な生活を送ろう

腎不全に陥ったら

male

尿毒症が出たら

世田谷区でも多くの人が透析を行っています。透析療法は腎不全に陥ってしまった患者が食事や薬物による治療だけでは生命が危なくなったり、日常の生活を送ることが困難になるときに行われています。適切な治療を行っているにもかかわらず尿毒症の症状が出始めた時には早急に透析を開始する必要が出てきます。ひどいむくみや栄養状態の悪化など日常生活に支障が出る場合には、ほかの症状が少なくても透析が開始されます。糖尿病の患者は少量の体液の貯留でも具合が悪くなりやすく、腎機能の検査があまり悪くなくても透析を始める必要が出てきます。高齢者では症状が進行してしまってから透析を始めると、日常生活に障害が残り社会復帰が困難となる場合が多いので若い人に比べて早く開始することが望まれています。世田谷区でも多くの高齢者がこの治療を行っています。

腎臓の働きを代行

透析療法は腎臓の働きを代行する治療の一つです。本来なら腎臓から排出される老廃物を取り除いたり、腎臓から体外に尿として排泄されるべき水分を取り除いたり、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンなどの血液の中のイオンが過剰になっているときには透析液に排泄して、不足が起こっているときは補っていきます。また血液が正常の弱アルカリ性になるように、血中の酸を取り除きアルカリを補います。この治療方法は透析液と血液の間で物質と水分を移動させることで成り立っています。これらの移動は拡散と濾過の原理によって行われています。世田谷区でも多くの病院がこの治療方法を行っていて、多くの世田谷区の人がこの治療を利用しています。